▽FX情報:貴方はFXで負けが続いていませんか?

日本だけではなく全世界で注目をされているのがFX(外国為替証拠金取引)です。
上手に貴方の資産を運用しましょう。

 

このようにFX(外国為替証拠金取引)で負けが続くというのは、相場が読めずに流れに逆らったトレードをしている可能性が高いと言えます。
常に冷静に相場を見つめ、現状を分析することを忘れないようにする心掛けが必要です。

 

レンジ相場の場合、トレンドの転換点というのがどこかで必ずやってきます。
その転換点を判断するのに有効なのがこのMACDなのです。

 

このように基本的となる最低限の知識を覚えておくことがFX(外国為替証拠金取引)の取引では大事なこととなります。
基礎的な知識を覚えて賢く取引を行なっていくようにしましょう。

 

MACDはレンジ相場の中ではダマシが多く使い物にならないと言われています。
つまり相場を読むことが出来て、どのテクニカル分析が有効なのかを判断することが重要になってきます。



▽FX情報:貴方はFXで負けが続いていませんか?ブログ:18年01月03日

トレーニングすると汗をかきますが、
汗はトレーニングによって熱くなったからだを冷ます役割をもっています。

水分補給をせずにトレーニングを続けると、
体内の水分が減少して脱水症状を起こしやすくなりますので、
のどがかわいたと感じる前に、しっかりと水分を補給しましょう。 

7日間程度のトレーニングなら水だけでも充分ですが、
7日間以上の激しいトレーニングの場合は、
汗で失われるミネラルを補給できる
スポーツ飲料やミネラルウォーターがオススメ!

スポーツ飲料は体液と近い成分のため、
失われた水分やミネラルをすばやく吸収して疲労回復を早めます。
スポーツ飲料には、
アイソトニック飲料とハイポトニック飲料の2種類があります。

この2つの違いは糖分濃度です。
糖分濃度がからだと等しいアイソトニック飲料と比べると、
濃度が低いハイポトニック飲料のほうが速やかに水分を吸収できます。

つまり、トレーニング前にはアイソトニック飲料、
トレーニング中やトレーニング後はハイポトニック飲料のほうが適しているんです。

ハイポトニック飲料は、
アイソトニック飲料を水で2〜3倍に薄めたものでも代用できますし、
ミネラルウォーターでも汗で逃げてしまう水分やミネラルを補給できます。

ですが、激しいトレーニングで大量の汗をかいた場合は、
塩分と糖分をプラスして飲みましょう。

温度は5〜15℃くらいが適温です。
冷たすぎるとからだに負担をかけますし、
熱すぎると体温を下げることができません。

また、汗をかいた後のビールは、
アルコールの利尿作用もあるため水分補給には役にたちません。
日本酒を飲む前には水分をしっかりとりましょう。

トレーニングするときは「かわく前に飲む」が鉄則。
自分にあった飲み物を見つけ、頻繁に水分補給を心がけてくださいね!