▽FX情報:貴方はFXで負けが続いていませんか?

日本だけではなく全世界で注目をされているのがFX(外国為替証拠金取引)です。
上手に貴方の資産を運用しましょう。

 

このようにFX(外国為替証拠金取引)で負けが続くというのは、相場が読めずに流れに逆らったトレードをしている可能性が高いと言えます。
常に冷静に相場を見つめ、現状を分析することを忘れないようにする心掛けが必要です。

 

レンジ相場の場合、トレンドの転換点というのがどこかで必ずやってきます。
その転換点を判断するのに有効なのがこのMACDなのです。

 

このように基本的となる最低限の知識を覚えておくことがFX(外国為替証拠金取引)の取引では大事なこととなります。
基礎的な知識を覚えて賢く取引を行なっていくようにしましょう。

 

MACDはレンジ相場の中ではダマシが多く使い物にならないと言われています。
つまり相場を読むことが出来て、どのテクニカル分析が有効なのかを判断することが重要になってきます。



▽FX情報:貴方はFXで負けが続いていませんか?ブログ:18年06月08日

赤ちゃんは生まれてから長らく話すことができない。
そのため、自分の意思を母になんとか知らせようとする。

泣いたり、手足をバタバタさせたり…
その最たるものは「ベビーサイン」だ。

これは誰かから教えて貰うよりも、
赤ちゃんを産んだら、とにかく離れないこと大切!

母が赤ちゃんと一緒にいるからこそ、
赤ちゃんの気持ちが解るようになるのである。

哺乳動物というのは、
母は絶対に赤ちゃんから離れようとしない。

哺乳動物は母が産む赤ちゃんの数が少ないために、
母は赤ちゃんを守るように、大事に育てていくのが鉄則。
これは人間だって変わりはしない!

哺乳動物なのに母と子供を切り離せば、
母は赤ちゃんの気持ちが解らなくなるし、
赤ちゃんだって母に対して
絶対的な不信感を抱いてしまうことになる。

仲の良かった夫婦でも、
奥さんは旦那が赤ちゃんを扱う時に
ハラハラドキドキしてしまう…

それもそのはず、
奥さんは四六時中赤ちゃんと一緒にいるのに対して、
旦那は日中は仕事に出かけているために、
赤ちゃんに接する時間が圧倒的に少ない。

そのため、
赤ちゃんの扱いに全然慣れてなくて、
赤ちゃんの気持ちを無視して、
自分の感情を押しつけてしまうからだ。

赤ちゃんは生後6ヶ月まで寝たきりだし、
生後1年目にしてやっと1人歩きができるようになる。

しかも1歳児は喋れもしないのに、
勝手に動き回るので、危険極まりない存在である。

なので生後二年を超えるまでは、
とにかく母は赤ちゃんの側を離れてはいけない。

赤ちゃんの側を離れないからこそ、
母は赤ちゃんの気持ちが解るようになり、
徐々に言葉を覚えて行って、
自分の意思をきちんと伝えられるようになるのだ。