▽FX情報:逆張りは初心者によくある落とし穴

ちょっと初心者には難しいことかもしれませんが、これは重要なこととなります。
覚えてしまえば簡単なことですので、是非理解しておいてください。

 

プロの世界で活躍している人達でも難しいとも言えるのがこのFX(外国為替証拠金取引)なのです。
つまりFX(外国為替証拠金取引)で安定した収益を上げるには順張りが最も合理的な方法だということがわかります。

 

FX取引をする上で、当たり前ですが誰もが最も安値で買いたい、又は最も高値で売りたいと思うはずです。  
『逆張り』という投資スタイルがありますが、これは初心者によくある投資方法のミスとなります。

 

このことは、決して難しく考えるようなことはしなくても構いません。
これから初めてFX(外国為替証拠金取引)の取引をしようと思っている初心者にはきっと役に立つことでしょう。

 

売買したポイントがトレンドの転換点となれば利益も大きくなることでしょう。
しかし初心者がこのポイントを当てるのは至難の業と言えるでしょう。





ソファベッドクリック
ソファベッド
URL:http://innersofa.com/list/10022.html


▽FX情報:逆張りは初心者によくある落とし穴ブログ:18年05月28日

みなさまは、
減量を始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
減量の停滞期というものなんですよね。
減量をしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ〜と勝手に思い込んで
減量をやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
減量をあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けて減量を行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

減量でご飯の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分がからだの中に入ってこないため、
からだは栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかくからだの中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
減量を行なったりするのは危険!

停滞期は、
からだが危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていた減量を続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ〜と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、ふた月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度減量を見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながら減量していくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。